良いマッチングのために

女性医師が職場を変えようと考えるとき、良く利用されるのが専門の転職サイトです。たくさんある医師の転職サイトの特徴は、専門科によってわかれていることや、またそれぞれの担当にコーディネーターがつき、医師の希望する職場とのマッチングを行ってくれることです。
よく派遣会社などではこのようなコーディネーターが存在して、派遣先と登録者とのマッチングを行います。
ですが派遣会社と医師の専門求人サイトとの違いはかなり大きいようです。
もちろんどちらのコーディネーターも知識や仕事に対する理解力が求められますが、医療関係で医師のコーディネーターになるとかなり高い知識が要求されます。
医師の技術力を説明するにおいて、もちろん専門的な知識があり、理解が出来ていなくては求人側に説得力をもった話をすることが出来ないからです。
医師と転職先のマッチングはコーディネーターの力にかかっていると言っても過言ではありません。
そのためには全てをコーディネーター任せにするのではなく、自分自身からも希望を伝えたり、また無理なことは率直に伝えておく必要があります。
自分で転職先を探すときはある程度の妥協も良いのでしょうが、せっかくコーディネーターがつくのであれば「ワガママ」かと思えるような内容でもしっかり伝えて、気持ちのよい転職先とのマッチングを期待すべきです。たとえば家族を持っている女性であれば、家事や育児との両立がうまくいくような職場で働きたいという希望も、重要なものです。最初に無理をしてしまうと、結局自分自身や家族に負担がかかり続かなくなってしまいます。したがって、自分にこの先起こりうるライフイベントを鑑みたうえで、希望を伝えることが大切なのです。
求人先も医師も納得のできる転職が出来ることが一番望ましいことなのです。
何か不満を感じながら仕事をすると、やがては大きなストレスになることもありますので妥協すべき点と妥協してはいけない点とをしっかり自分の中でライン引きをしておくことです。
あまり軽く考えていると、後々困ったことになりかねませんのでライン引きは冷静に、客観的に様々なケースを想定して考えておきましょう。

女性医師の転職に関しては、こちらのサイトを参考にさせていただきました。
参考URLはこちら ⇒http://joijoy-life.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です